ニキビ跡を治すのには焦っちゃ駄目

いつまでも赤ニキビが治らないと思ったら実はニキビ跡だったり、せっかくニキビは治ったのに紫や茶色の色素沈着を残してしまったり、お肌にクレーター状の穴が残ってしまった、なんて経験ありませんか?

せっかくニキビが無くなったのですから、ニキビ跡もちゃんと消したいですよね。
ニキビ跡はケアを怠ると顔にもできるし、背中や体にも残ります。
そんなニキビ跡の種類やケア方法などをご紹介します。

・赤く残るニキビ跡

ニキビそのものは治っていても、肌に炎症が残っている状態です。
炎症を起こしているので、とにかく炎症を抑える事を最優先にしましょう。
気になっても必要以上に触らない、もちろん過度な洗顔は避け、間違ってもピーリングなんてしないでくださいね。

アルコールやカフェイン、タバコなどの嗜好品や香辛料などの刺激物を避け、ストレスを溜めないようにして、しっかりとした睡眠を取り、スキンケアにはビタミンC誘導体と、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合された化粧水を使うと良いですね。

・色素沈着タイプ

ニキビを悪化させてしまった後によく起こる現象です。
色素沈着といっても紫や茶色く残ったニキビ跡は、比較的表皮に近い場所に発生している色素沈着なので、ターンオーバーで自然と薄くなっていきます。
色素沈着を消す為には、お肌の機能を回復させることが大切です。

健康的な肌を作る為にはタンパク質やビタミン・ミネラルが欠かせませんので、しっかりと食事を摂った上で、十分な睡眠を取るように心がけましょう。

肌の再生は入眠直後から3時間の間にピークを迎えると言われているので、眠りが浅くて頻繁に目が覚めてしまうような場合は、安眠の為の工夫をするように努力しましょう。

スキンケアにはビタミンC誘導体と、メラニンの生成を抑えて美白作用のあるハイドロキノンが配合されているものを選ぶと良いかも知れません。

・クレータータイプ

ニキビをかなり悪化させてしまい、真皮層までダメージを受けてしまった状態です。真皮層がダメージを受けてしまうと、ターンオーバーでの改善は難しく、非常に治りにくいニキビ跡です。

クリニックでレーザーや注射を受けると言う手もありますが、100%効果があるものではありませんし、却って悪化する恐れもあるのでお勧めはしません。
クレーター状にへこんでしまった肌も、肌そのものにハリと弾力を与えれば目立たなくする事は可能です。

バランスの取れた食事や適度な運動を行い、十分な睡眠を取って健康的な皮膚を作り、しっかりと保湿を行いましょう。スキンケアにはプラセンタサプリを服用したり、導入型柔軟化粧水を使うと良いですね。

どのタイプでも共通して言えるのは、早く治したいと焦ってしまうと、触り過ぎの肌ストレスや、過度なピーリングによる肌バリア機能の低下などで却って長引かせてしまったり、新たなニキビが発生する恐れがありますので、焦りは禁物。

また、顔だけでなく背中などにもニキビ跡ができやすいので体の箇所にも注意しましょう。詳しくはこちらの記事も参考に:背中ニキビを解消する方法

しっかりとした保湿、十分な食事と睡眠、必ず治ると信じる心が大切です。

背中ニキビを解消する方法

ウエディングドレスを着る時にハッとするのが背中のニキビやニキビ跡。
結婚する時に気付いても、ケアするのにも間に合わない。
どうしよう、自分の晴れ舞台!キレイな背中を彼に見せてあげたい。
手遅れにならないうちに今すぐにケアしましょう。

背中にできるニキビの原因とは?

背中は顔と違って見えにくいし、洗いにくい場所でもあります。
皮脂腺が集まっていて汗をかきやすく汚れもたまりやすい場所です。

タオルで背中を洗っても汚れが落ちていない、石鹸が残ったまま。それが原因でニキビができます。

女性に多いのが、ホルモンのバランスが崩れる事が原因でできます。
仕事の疲れからくるストレス、睡眠不足等が考えられます。

どうしたら、背中のニキビがなくなるの?

背中のニキビが、肌着や服に付着したためにニキビが悪化したりします。
汗をかいたら、こまめに拭いたり下着を替える事をお勧めします。

自分の背中のニキビがどのようなものかと、鏡で見て確認しましょう。
そうする事で、どんなケアが必要なのかを知ることになります。

小さいニキビ等であれば、背中専用のニキビクリームで治りますが、ひどいニキビになると専用のクリームでは治らない為、専門の皮膚科を受診することをお勧めします。

つるつるの背中美人になるには?

ニキビがなくなったけど、ニキビ跡が残っていってどうしたらよいのかわからない。そんな悩みを抱えている人もいるでしょう。ニキビ跡には水分をたっぷりと与えてあげる事です。

ニキビができて痒い場合は、ニキビ専用のかゆみ止めを使い、かゆみが止まってからニキビ専用の化粧水や、美白効果の高い化粧水を使うことできれいになります。特に背中ニキビ専用のスキンケアは効果的なのでおすすめです。参考:http://www.frogyellowart.net/

食事では、脂っこい食べ物は極力さけてください。ビタミンCがたくさん含まれている果物、野菜を積極的に食べる事で潤いの肌になります。背中だけでなく、体全体が潤いの肌になってくるはずです。

それでも、背中のニキビが治らない場合だと美容クリニック、皮膚科に行きましょう。初めてで不安な人は、無料カウンセリングへ行きましょう。専門家のアドバイスが無料で受けれます。キャンペーンをやっている場合もあるので詳しく話を聞きましょう。

背中美人になって素敵なウエディングドレスやパーティドレスで彼氏をあっと驚かせたいですね。

ニキビは体からのサイン!

10代の頃、それまで特に何の問題もなかった肌(おでこと頬)にいきなり赤ニキビが大量発生しました。当時は恥ずかしくて、それまで使わなかったファンデーションを塗りたくって、出来るだけマスクをして過ごしていました。

ニキビに良いとされる化粧品を何種類も使い、シートマスクを毎日していました。
1か月経っても、全くニキビは治らず、とうとう皮膚科へと足を運びました。

そこで医者に言われたのが「触りすぎ」です。
食生活も運動も睡眠も足りていたので、単純に成長過程でのホルモンや皮脂のバランスが崩れたことが原因だそうです。

そしてその治りを遅くして、さらに悪化させたのが自分自身による「触る」という行為でした。赤ニキビに対して一番やってはいけないのが「触ったり・こすったり」することだそうです。ニキビの跡ができる原因にもなります。参照:ニキビ跡を治すのには焦っちゃ駄目

まずは洗顔を見直しました。メイクは止められたので、朝も夜も洗顔量は使わず水洗顔にしました。水をたっぷりめにすくって、手が顔に触れないように気をつけました。

お湯を使っていた時より、皮脂が取れない感じがしますが、水が冷たいのでサッパリ感はありました。今までは50回くらいバシャバシャとかけていましたが、20回くらいにしてパシャ、パシャっと優しい感覚でやりました。

そのあと化粧水を塗りたい気持ちになりますが、我慢します。
どうしても乾燥が気になるところは本当に本当に薄く「ワセリン」を付けました。

マスクも摩擦になるので禁止です。ストレスになるくらいでしたら、どうしても!という時はつけてもいいと思います。肌が何も出来ない分、目のメイクを重点的にやっていました。

そんな「肌に触らない」生活を続けていたら、1週間でニキビのボコっとしたのが平らになってきました。これでファンデーションを塗ったら完ぺきに隠れる!というところまで行ったのですが、ぐっと我慢します。

マスクをしなくてもストレスがなくなり、大好きな油っこいお菓子やチョコレートも控えていたせいか、2週間目には、以前の何もない肌に戻っていました。
多少赤みや跡が残っていましたが、若いからだんだん良くなっていくと医者に言われました。

大人になってきて当時のニキビ跡はありません。
そのかわり思春期の時に出来なかったところに、白いニキビが出来るようになりました。あごが酷かったです。

思春期ニキビと違い、大人ニキビができるのは「何かしら体に不調がある」というサインの場合が多いです。生活習慣を見直す必要がありそうでした。

思いつく限り、運動不足・野菜不足・仕事のストレスなどが原因でした。
仕事はどうしようもないし、野菜はあまり好きではなかったので、運動から始めました。

少しの距離から「歩く」ことから始めました。だんだん体力がついてきたので、毎日30分くらい歩きました。するとうっすら顔にも汗をかきます。これが良かったみたいです。「汗は天然の美容液」と呼ばれるくらいです。乾燥も無くなっていきました。

運動をすると、ストレスも減り、喉がかわくので甘味料のない野菜ジュースを飲むようにしました。2週間くらいでニキビは消えていきました。
サボるとまたすぐに出てくるので、継続が必要みたいです。

顎ニキビと自宅でできるケア

顎やフェイスライン、首との境目、口の下はニキビができやすい箇所。
このニキビは、思春期のニキビとは違い、大人ニキビの1つと考えられています。

思春期ニキビは、10代の頃に成長ホルモンの分泌がされて、この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されます。

そうすると毛穴が詰まりやすく、アクネ菌が繁殖しやすい環境となってニキビができます。このニキビは皮脂腺の多い、おでこから鼻にかけてのTゾーンのラインに集中するのです。

一方、大人ニキビは思春期を過ぎて大人になってからできるニキビのこと。
原因は1つに絞ることができず様々で、ホルモンバランスのくずれや、ストレス、食生活などが関係しています。

おでこや鼻ではなく、Uゾーンにできるのは、大人ニキビは乾燥した肌にできやすい傾向があります。特に顎や口周りはこの乾燥しやすい条件を満たしてしまいます。

顎ニキビの特徴は、非常に治りにくいニキビといわれています。顎は手で触ったり、毛先が当たるなど雑菌がつきやすい場所です。また乾燥しやすい箇所ですので、肌のターンオーバーが行われず治りにくいのです。

さらに、顎は皮脂腺は多く存在しているため、皮脂づまりを起こしやすく、ニキビが悪化してしまうケースも多いのです。そのため、痛みや痒み、大きなしこり、炎症で赤くなる、などの症状が多く見られます。

顎周りに大きいニキビができてしまったという場合、ほとんどが炎症して赤くなってしまった状態です。また、炎症して赤くなった顎周りのニキビは、悪化すると、硬くて大きいしこりになってしまいニキビ跡の原因にもなります。

自宅できる顎ニキビの対策ケア

そこで、自宅でもできる顎ニキビの対策方法をご紹介。

まずはマッサージです。
あご周りのリンパの流れが悪くなるとニキビができやすくなります。顔のリンパマッサージしてあげましょう。

まずは鎖骨からマッサージを始めます。
鎖骨周辺をやさしく手の平でさすり、両手の親指と人差し指で、顎をつまみ耳に向かって優しく押し出す感じです。

耳の後ろまで指がきたら、うなじを通過して鎖骨までマッサージします。コレを数回繰り返すだけで、リンパや血行の流れがよくなります。

リンパマッサージだけでなく、ストレッチなども体の血行をよくするので、肌の老廃物摘出には効果的です。

顎ニキビ改善の為に食生活も見直しましょう。

脂質や糖質過多、タンパク質不足、ビタミン不足を避けることが大切。食事ビタミンが豊富なは野菜やフルーツを多めにとるように心がけましょう。1日3食バランスのよい食事、肌に良いビタミンなどの補給などを心がけることが大切です。

しかし食事に気をつけることに集中しすぎて、かえってストレスになってはいけません。ストレスを感じると、自律神経やホルモンバランスの乱れにつながり逆効果となりニキビができやすくなります。

また、顎ニキビ対策にはスキンケア、洗顔にも気をつけましょう。洗顔後に乾燥することを避ける為に、保湿成分が入った洗顔やスキンケアを使うことが大切です。

なかなか治りにくい顎ニキビですが、地道な努力で改善していきましょう。

ニキビ改善にために食事に気をつけよう

ニキビの予防として、毎日の食事に気をつけています。
特に、便秘はニキビの大きな原因となると考えています。したがって、まずは便秘にならないようにしています。

具体的にいうと、野菜や海藻をしっかりと食べるようにしています。便秘は肌荒れの原因になり、ニキビにつながると思っているのです。

ただ、いろいろな行事などがあると、外食が続いてしまうこともあります。こういった時には、やはり便秘気味になりがちです。そして、ニキビができてしまうこともあります。

こんな時には、野菜ジュースやトマトジュースに頼るようにしています。野菜ジュースやトマトジュースは、手っ取り早く野菜不足を解消できると思います。

また、便秘の解消にもなります。便秘薬はあまり飲みたくないものです。こういったジュース類は、便秘の解消のための有効な手段になると思っているのです。

また、ニキビというものは、生活習慣とも大きくかかわっているといえます。
たとえば、睡眠不足などはニキビの原因になるといわれます。規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりととることも大切だといえます。

生活習慣というものは、ホルモンバランスとも関係してきます。
そして、ホルモンバランスの乱れは、ニキビの原因にもなります。

生活習慣の乱れを改善するだけで、ニキビは予防できるともいえます。
食事や生活習慣というものは、毎日の積み重ねです。そして、その積み重ねが肌にあらわれるのだといえます。健康的な生活を送ることは、肌にもよいことになります。

バランスの取れた食事を心がけ、規則正しい生活を送るようにすれば、肌の状態もよくなってきます。そして、ニキビの悩みも少なくなってきます。

わたしも、独身の頃は、好きなものを食べて、夜更かしするという生活を送っていました。そのため、当然ですが、ニキビもできやすかったです。

しかし、結婚して子どもができて、規則正しい生活を送るようになったら、自然とニキビは少なくなってきました。自分の経験から、生活習慣の大切さを知ったのでした。

毎日のコスメでニキビ対策をおこないましょう

コスメというものは毎日使うものです。
そして、このコスメが、ニキビに大きな影響を与えてしまいます。

たとえば、合わないコスメというものはニキビの元となります。
使用していて刺激を感じるようなコスメは、自分には合わないと判断するべきでしょう。

そして、こういったコスメを使用し続けると、肌荒れになり、ニキビにもつながってしまうのです。刺激が少なくて、自分の肌に合ったコスメを選ぶようにしましょう。

特に、クレンジングと洗顔は、ニキビの予防や改善と大きくつながっています。
クレンジングは、メイクをしっかりと落とすことと、刺激が少ないということを重視して選ぶようにしましょう。

クレンジングを使用するときに、ごしごしと強くこすることが必要になってしまうことはよくありません。素早く、そして優しくメイクを落とせるものを選ぶようにしましょう。

また、洗顔石鹸の選び方も重要となります。
特に大人ニキビに悩んでいる人は、自分の年齢に合った洗顔石鹸を選ぶようにするといいです。

スクラブなどでしっかりと汚れを落とすことをうたっているものは、大人ニキビに悩む人の肌には刺激が強すぎます。たっぷりの泡で優しく洗い上げることができるものを選ぶといいでしょう。

クレンジングや洗顔石鹸というものは、毎日使い続けることによって、効果があらわれます。しかし、合わないものを毎日使い続けていると、ニキビなどの肌荒れがあらわれるようになります。

そして、化粧水やファンデーションなどにも気をつけたほうがいいでしょう。こういったものも、使うものによっては、ニキビの原因になってしまいます。
自分の肌に合うものを選ぶことを心がけるといいでしょう。

人によっては、生理前にニキビができるということもあります。
その場合には、時期によってコスメを使い分けるようにするといいでしょう。

そして、洗顔なども、いつもよりも入念におこなうといいでしょう。
こういった時期は、特に、あごや口周りにニキビができやすいといわれます。
顔だけでなく背中のニキビについはこちら背中ニキビを解消する方法

こういった部分を重点的にケアするといいです。