ニキビは体からのサイン!

10代の頃、それまで特に何の問題もなかった肌(おでこと頬)にいきなり赤ニキビが大量発生しました。当時は恥ずかしくて、それまで使わなかったファンデーションを塗りたくって、出来るだけマスクをして過ごしていました。

ニキビに良いとされる化粧品を何種類も使い、シートマスクを毎日していました。
1か月経っても、全くニキビは治らず、とうとう皮膚科へと足を運びました。

そこで医者に言われたのが「触りすぎ」です。
食生活も運動も睡眠も足りていたので、単純に成長過程でのホルモンや皮脂のバランスが崩れたことが原因だそうです。

そしてその治りを遅くして、さらに悪化させたのが自分自身による「触る」という行為でした。赤ニキビに対して一番やってはいけないのが「触ったり・こすったり」することだそうです。ニキビの跡ができる原因にもなります。参照:ニキビ跡を治すのには焦っちゃ駄目

まずは洗顔を見直しました。メイクは止められたので、朝も夜も洗顔量は使わず水洗顔にしました。水をたっぷりめにすくって、手が顔に触れないように気をつけました。

お湯を使っていた時より、皮脂が取れない感じがしますが、水が冷たいのでサッパリ感はありました。今までは50回くらいバシャバシャとかけていましたが、20回くらいにしてパシャ、パシャっと優しい感覚でやりました。

そのあと化粧水を塗りたい気持ちになりますが、我慢します。
どうしても乾燥が気になるところは本当に本当に薄く「ワセリン」を付けました。

マスクも摩擦になるので禁止です。ストレスになるくらいでしたら、どうしても!という時はつけてもいいと思います。肌が何も出来ない分、目のメイクを重点的にやっていました。

そんな「肌に触らない」生活を続けていたら、1週間でニキビのボコっとしたのが平らになってきました。これでファンデーションを塗ったら完ぺきに隠れる!というところまで行ったのですが、ぐっと我慢します。

マスクをしなくてもストレスがなくなり、大好きな油っこいお菓子やチョコレートも控えていたせいか、2週間目には、以前の何もない肌に戻っていました。
多少赤みや跡が残っていましたが、若いからだんだん良くなっていくと医者に言われました。

大人になってきて当時のニキビ跡はありません。
そのかわり思春期の時に出来なかったところに、白いニキビが出来るようになりました。あごが酷かったです。

思春期ニキビと違い、大人ニキビができるのは「何かしら体に不調がある」というサインの場合が多いです。生活習慣を見直す必要がありそうでした。

思いつく限り、運動不足・野菜不足・仕事のストレスなどが原因でした。
仕事はどうしようもないし、野菜はあまり好きではなかったので、運動から始めました。

少しの距離から「歩く」ことから始めました。だんだん体力がついてきたので、毎日30分くらい歩きました。するとうっすら顔にも汗をかきます。これが良かったみたいです。「汗は天然の美容液」と呼ばれるくらいです。乾燥も無くなっていきました。

運動をすると、ストレスも減り、喉がかわくので甘味料のない野菜ジュースを飲むようにしました。2週間くらいでニキビは消えていきました。
サボるとまたすぐに出てくるので、継続が必要みたいです。